1. ホーム
  2. 産み分けゼリー
  3. ≫「グリーンゼリー」-病院処方の産み分けゼリーの使い方

「グリーンゼリー」-病院処方の産み分けゼリーの使い方

グリーンゼリー(病院処方)の使い方

病院で男の子の産み分けを希望する際は、「グリーンゼリー」という産み分けゼリーが使用されます。

病院の産み分けゼリー(グリーンゼリー)は事前にゼリーを湯煎で温めて溶かし、シリンジに吸い取ってから使うため使用前に準備が必要となり、手間がかかります。

1.グリーンゼリーをぬるま湯程度のお湯で湯煎(5分程度で溶ける)

グリーンゼリーはゼリーと注入用のシリンジが別れた状態で販売されています。

グリーンゼリーは常温で固まっているため性交の5分前までに湯煎で溶かしておく必要があります。ぬるま湯程度の温度で溶けるので、お湯を入れたカップやボールをベッド脇に置いておいて、ゼリーの容器を浸し、お湯につけて溶かしておきます。

2.性交(挿入)の5分前くらいにグリーンゼリーを膣内に挿入する

お湯で溶かしたグリーンゼリーの容器を開け、溶けたグリーンゼリーを付属の注射器で吸い取り、主人の挿入5分前にグリーンゼリーを膣内に注入します。

グリーンゼリーは注射器で3~4cc程度膣内の奥に入れる必要があるので、溢れる分も加味して5cc~7ccくらい吸い取っておくと良いでしょう。

女性側が自分で入れてもいいし、男性側が注入してあげても良いです。

3.グリーンゼリーが入った状態で性行為を行います。(女性が興奮する内容が良い)

グリーンゼリーを膣内に入れたら、性行為を行います。

セックスの内容として、女性が気持ちいい・興奮を覚える内容だと寿命が短くパワフルなY精子が子宮内に先に入りやすくなりますので、快感のある性交を意識するとよいでしょう。

 

4.残ったグリーンゼリーは常温で保存(4回分程度)、シリンジは水洗いして保管

グリーンゼリーは1回使い切りではありませんので、残ったゼリーは常温で保存できます。1回の購入で性交4回分くらいはあります。

ゼリーを入れるための注射器は次回も使いますので、水洗いして乾燥させ保管しましょう。

 

グリーンゼリーの成功確率と副作用(胎児への影響)

グリーンゼリーを使った際の成功確率は数%上がる程度

グリーンゼリーは病院で処方される産み分けゼリーですが、市販の産み分けゼリーと大差なく、男児産み分け確率が数%上がる程度です。そのためリンカル服用と並行して補助的に使われることが多い方法です。

グリーンゼリーによる胎児リスク・副作用の影響はない

グリーンゼリーを使ったことによる胎児への影響・妊娠率の低下などの副作用の影響はありませんので安心してお使いください。

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。