1. ホーム
  2. 産み分けゼリー
  3. ≫「ピンクゼリー」-病院処方の産み分けゼリーの使い方

「ピンクゼリー」-病院処方の産み分けゼリーの使い方

ピンクゼリー(病院処方)の使い方

病院で女の子の産み分けを希望する際は、「ピンクゼリー」という産み分けゼリーが必須です。

病院の産み分けゼリー(ピンクゼリー)は、事前にゼリーを湯煎で温めて溶かし、シリンジに吸い取ってから使うため使用前に準備が必要となり、手間がかかります。

1.ピンクゼリーをぬるま湯程度のお湯で湯煎(5分程度で溶ける)

ピンクゼリーはゼリーと注入用のシリンジが別れた状態で販売されています。

グリーンゼリーは常温で固まっているため性交の5分前までに湯煎で溶かしておく必要があります。ぬるま湯程度の温度で溶けるので、お湯を入れたカップやボールをベッド脇に置いておいて、ゼリーの容器を浸し、お湯につけて溶かしておきます。

2.性交(挿入)の5分前くらいにピンクゼリーを膣内に挿入する

お湯で溶かしたピンクゼリーの容器を開け、溶けたピンクゼリーを付属の注射器で吸い取り、主人の挿入5分前にピンクゼリーを膣内に注入します。

ピンクゼリーは注射器で3~4cc程度膣内の奥に入れる必要があるので、あふれ分も加味して5cc~7ccくらいシリンジに吸い取っておくと良いでしょう。

女性側が自分で入れてもいいし、男性側が注入してあげても良いです。

3.ピンクゼリーが入った状態で淡白な性行為を行います

ピンクゼリーを膣内に入れたら、性行為を行います。

セックスの内容としてはあっさりとしたセックスが望まれます。排卵2日前は頸管粘液が産生に傾いており、X精子が元気になる環境になっていますが、オーガズムを感じる子宮からアルカリ性の液が分泌され中和されやすくなりますので蛋白な性交のほうが女の子を産み分けしやすくなります。

 

4.残ったピンクゼリーは常温で保存(4回分程度)、シリンジは水洗いして保管

ピンクゼリーは1回使い切りではありませんので、残ったゼリーは常温で保存できます。1回の購入で性交4回分くらいはあります。

ゼリーを入れるための注射器は次回も使いますので、水洗いして乾燥させ保管しましょう。

 

女の子の産み分けは排卵2日前のタイミング把握が必須

女の子の産み分けは排卵2日前のタイミングを正確に知ることが必要になってきます。

基礎体温をつけ、排卵検査薬を使うことで排卵2日前を予測して性行為に及びます。

ただし、生理不順等があり、自宅で排卵周期を正確に把握することが難しい場合もありますので、どうしても女児を希望する場合はクリニックで排卵周期を確認する方法もご検討ください。

女児の産み分けと排卵タイミングについて詳しく知る

ピンクゼリーの成功確率と副作用(胎児への影響)

ピンクゼリーの産み分け成功確率は60~70%程度

ピンクゼリーは病院で処方される産み分けゼリーですが、市販の産み分けゼリーと大差なく60~70%程度と言われています。

ピンクゼリーによる胎児リスク・副作用の影響はない

ピンクゼリーを使ったことによる胎児への影響・妊娠率の低下などの副作用の影響はありませんので安心してお使いください。

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。