1. ホーム
  2. 産み分け法
  3. ≫男の子の産み分けに適した排卵タイミング・性交内容

男の子の産み分けに適した排卵タイミング・性交内容

男の子の産み分けは排卵当日の性交がポイント

男の子の産み分けはY精子と卵子の受精が必要になるため、短命のY精子をいかに効率よく卵子の元に運ぶかが鍵になってきます。

排卵検査薬で濃い陽性が出たら半日後に性交する

男児のもとであるY精子は、女児のもとであるX精子よりも寿命が短いですが、精子運動が活発なため射精直後はX精子よりも先に卵管膨大部(受精の場所)にたどり着きやすくなります。

それ故、排卵のタイミングに合わせてのセックスが鍵になりますので、排卵検査薬(L-check等)で尿を検査し、濃い陽性が出たタイミングで性行為を行います。

排卵検査薬は早朝以外の尿で検査し、濃い陽性が出た半日後に行います。例えば午前中に濃い陽性ならその夜、夕方に濃い陽性が出たら翌日が子作りのタイミングになります。

 

男の子の産み分けにはオーガズムを感じるセックスが鍵

男の子を授かりたい場合、セックスの内容としても奥さんが気持ちよくなる性交内容だと男児ができやすいと言われます。これはいわゆるオーガズムを感じることで、子宮内分泌物が膣内に出てきやすくなり、コレにより膣内がアルカリ性に傾きやすくY精子が活性化しやすい環境ができるためです。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。